The S&P

旅をしながら、働きながら、食べながら、アレコレ勝手にレーティングしています。

味の素AGF スターバックス オリガミ ホリデーシーズンブレンド1袋withリユーザブルカップ

これは、元バリスタがスーパー・マーケットを徘徊した挙句、いろいろと面倒くさいことをを語るカタカナだらけの日記です。

 

行きつけのスーパー・マーケットのコーヒー売り場のエンドに、スターバックス・オリガミ (パーソナル・ドリップコーヒーのバッグ)にリユーザブル・カップのギフトがついたセットが置かれていたました。

f:id:the-s-and-p:20171127035441j:image

スターバックス・コーヒーは、場所や体験を買いに行く場所。正直、味に対しては疑問符がつくのですが、電子レンジOKのカップが便利そう。早速買ってみました。

 

私が推奨する使い方。

カップにミルクを入れて、電子レンジでエクストラ・ホットまで加熱。
そこへネスプレッソをワンショット。
好みでフォームをたてても良いのだが、ネスプレッソはゴージャスなクレマがたっぷりとたつので、ホット・ミルクそのままでも充分。

あっという間にカフェラテが完成!!

 

ところで、エスプレッソというのはとても変性しやすいリキッドです。

(同じようなお店でバリスタをしていた時にトレーニングで聞いた内容です。)
抽出してから少しの間でも置いておくと、酸化して嫌な苦味が出てしまうのです。10秒も置いたらダメ。
だから、いわゆるエスプレッソ・ドリンクに加工する場合には、“すぐに”ミルクと合わせること。
(という感じで、私がスターバックスに行くとバリスタの手さばきを観察しています。エスプレッソの抽出を先にやってからミルクをスチームする方が多く、私は内心ハラハラしていますが、スターバックスではそのようなマニュアルになっているのかもしれません。面倒くさい客ですねえ。)

 

その点、加熱したミルクに直接エスプレッソを注ぎ込めるオペレーションなら、酸化が最小限に抑えられるため、安定した品質のドリンクを供することが可能となります。
とは言っても、飲む人は私なんですけどね。

この一連の操作は、普段は陶器のマグカップで行なっているのですが、スターバックスのタンブラーに入れるだけで、あら不思議!
あたかも人に作っていただいたような気持ちになって来ます。
ありがたや、ありがたや!

 

さてこのカップ、容量が8オンス(240mlくらい)と、私が1時間で飲み終わるのに程よいサイズ。年内はこのカップに入れたカフェラテを、自動車通勤の供にしようではありませんか。

 

もちろん、このカップを持って、本物のスターバックスにコーヒーを買いに行くこともできます(20円割引になる)。

 

ということで、スターバックスのリユーザブル・カップ、結構おススメ。

 

おススメ度 ★★★★

気軽に持ち運べる

保温性★★

極めて冷めやすい

コスト★★★

オリガミ とセットで、599円

味★★★★

本体のコーヒーがしっかり味で気に入りました

 

 

 

ハッピーターンえだ豆味(季節限定品)


職場の先輩から、新潟県限定品の「ハッピーターン えだ豆味」をいただきました。旅行先で見つけたそうです。

消費期限が長いのでのんびりとしていたら、期日が数日後に迫ってきてしまいました。
期日前に消費するべく、試食しましたので、その記録です。

 

f:id:the-s-and-p:20171026204231j:image

続きを読む

ストロベリー・ビーフ・ジャーキー

ミニボスから、ユニークなカナダ土産を一口いただきました。

Strawberry Beef Jerky。(ビーフですが、合法的に持ち込まれています。

 

f:id:the-s-and-p:20171025135756j:image

 

期待度:★★★

半分フランスのようなカナダ産だけあって?きっと美味しいものに違いない!

レア度:★★★

聞いたこともありません。

お味:★★

倒れるほど衝撃的な味ではありません。同僚はてりやき味と評価しています。

そうかなあ?
私には、甘口のビーフジャーキーをイチゴジャムに一晩つけてしっとりさせたような、そのままのお味に感じられました。

 

カナダのスーパーでは、変わった味付けのビーフジャーキーがその他にもあるようなので、旅行の際にチャレンジしてみると良いかもしれません。

 

Windows 10に馴染めない

三日ぶりに出勤したら、新しいハードウェアが運び込まれていました。セルフで入れ替えなさい、ということでしょう。

少し前までなら、親切な若い衆にバックアップしたデータの復旧まで面倒を見てもらえる環境だったのに、ここ数週間オッサンばかりになってしまったため、細々とした仕事を拾ってもらえなくなってしまいました。もはやわたしは、若い衆に労られていなのだなあ。

 

3次元の動きをしながら新しいマシンを接続、スイッチをオン。

数々の悲劇に見舞われているので、ブルーのスクリーンを見ると反射的に心拍数が上がります。

 

f:id:the-s-and-p:20171024200007j:image 

 

 時間はかかりましたが、幸いにも起動が確認できました。

あ、しかし...モニターの調整用のメッセージがロシア語表示になってしまった?!デュアル設定も壊れてしまった!うーん、サムスン三星)の家電はアメリカでは評判が良いので、モニターに関しても、名前のように三ツ星を目指していただきたいものです。

 

続きを読む

コーヒーには余韻がある

キッズミールについて来たオレンジ・ジュースはこの場で飲まずに持ち帰る。明日の仕事にもって行こう。

朝食が終わった今、なんだか物足りないのはやはりコーヒーがないからかな。

コーヒーは、飲み終わった後も香りがあって、余韻に浸ることが出来る。非生産的でも、贅沢な時間を過ごすことが出来る。

オレンジ・ジュースは飲んだら、終わってしまう。

 

f:id:the-s-and-p:20171023105404j:image

 飲み終わったコーヒーのカップから、香りを取るだけでも楽しいものです。

 

f:id:the-s-and-p:20171023142428j:image

“Do it now. Not tomorrow. ”

 

フレッシュネス・バーガーのマドラーには、まるでフォーチュンクッキーのように一本一本、 違うマッサージが焼き付けてあります。

楽しいですね。

 

 

 

 

フレッシュネス・バーガーのキッズミール

台風一過。

 f:id:the-s-and-p:20171023102317j:image

 

朝食をいただきに、小金井のフレッシュネス・バーガーに来ました。

 

f:id:the-s-and-p:20171023101146j:image

 

成人したお子様もOKなキッズミールをオーダー。

 

ミニチーズ・バーガー、チキンナゲット2個、フライドポテトとジュースまたはミルクのセット。さらにおもちゃまでついてきます。

 

お味:★★★

お値段:★★★

デフレの日本、物価が安いです。 これから徐々に値上がりしてくるのかなあ?

居心地:★★★★

BGMのセレクトが懐かしくも温かみのある店内。インテリアも木目調で可愛らしいです。伺った時期はハロウィン前だったので、ハロウィンのデコレーションが沢山ありました。

Wifi:★★★★

無料な上に、サクサク速い!電源も取れます。

 

こちらは駐車場付きの郊外型店舗なので、都内のワイワイした賑やかなお店と違う、落ち着いた雰囲気がたまりません。

曇り空や雨の朝は、なぜかここでボーッとくつろぎたくなる、そんなお店です。

f:id:the-s-and-p:20171023102153j:image

 

昼下がりのドルとサンマロの夜

公共交通機関で移動する場合、モンサンミッシェルから最寄りの鉄道駅は、バスで30分のドル・ド・ブルターニュ駅です。

 

サンマロに戻る列車まで時間があったので、少しだけ散策してみました。

 

f:id:the-s-and-p:20171025105602j:image

 抜けるような青空の下、インディアンサマーの太陽が白い駅舎に濃い影を落としていました。

 

f:id:the-s-and-p:20171025110143j:image 

気温はなんと25度。

 

駅から歩いて200メーターほど離れたメインストリートに、ホテルとレストラン、バーなどがありました。

 

f:id:the-s-and-p:20171025105843j:image

モンサンミッシェルまでバスでわずか30分ですから、ドルの田舎町(村かも知れない)に宿泊するのも、リーズナブルに寛げて良さそうですね。

 

f:id:the-s-and-p:20171025110615j:image

 こんな田舎町をクルマで旅したいものです。次回はきっとチャレンジ。

 

列車が来ました。サンマロまでは20分です。

 

ホテルに荷物を置いたら、もう一度城壁の旧市街へ。

 

f:id:the-s-and-p:20171025111004j:image

 ライトアップされた現代の砦。城壁の外にはカジノもありました。

 

f:id:the-s-and-p:20171025111056j:image

 この船は展示しているだけかな?本当に使っている船も、マリーナにたくさん溜まっていました。

 

f:id:the-s-and-p:20171028072823j:image

 夜になると、また雰囲気が違いますね。旧市街のいたるところがライトアップされています。

 

 f:id:the-s-and-p:20171025111205j:image

 夕食は、昨日のお昼に入ったお店にもう一度行きました。

ガレット・コンプレという、そば粉のクレープでハム、卵、チーズを包んだお食事メニューです。ガレットをパンケーキに変えれば、完全にアメリカの朝ごはんになってしまいます。この組み合わせを夜食べるのは、なんだか不思議な気分でした。

 

お味:★★

見た目から想像出来る味でした。

お値段:★★★

カジュアルなクレープリーなので、お値段は優秀です。

 

新たな場所に挑戦せずに、勝手がわかっているお店に入ってしまうのはもっないなかったのですが、時差と長距離の移動で、お店を選ぶために歩き回った上で判断をする気力がなくなってしまいました。色々なものを食べることでこそ、旅は奥行きがでるので、少し反省。

 

f:id:the-s-and-p:20171025111130j:image

お腹が膨らむと、ホテルまで歩いて帰る元気が回復しました。

 

そういえば、レンヌの朝市で買ったパエリヤを食べているチャンスがありませんでした。困ったなあ。どうしましょう。

 

つづく。