The S&P

旅をしながら、働きながら、食べながら、アレコレ勝手にレーティングしています。

旅行

昼下がりのドルとサンマロの夜

公共交通機関で移動する場合、モンサンミッシェルから最寄りの鉄道駅は、バスで30分のドル・ド・ブルターニュ駅です。 サンマロに戻る列車まで時間があったので、少しだけ散策してみました。 抜けるような青空の下、インディアンサマーの太陽が白い駅舎に濃…

モンパルナス駅からベルサイユ宮殿

フランス最終日はベルサイユ宮殿へ。 モンパルナス駅よりローカル線で。 駅の0階にあるイル・ド・フランス地区専用のプラットフォームより出発。国鉄最寄りのベルサイユ・シャンティイー駅まで20分くらい乗車のはずだったのですが、またも遅れて40分近くかか…

サントシャペルのステンドグラス

コンジェルジュリーと同じ敷地内にある、サントシャペル。 美しいステンドグラスで有名ですね。 一枚一枚、キリスト教の物語を展開していて、まるで色彩豊かな挿絵がついた聖書を読んでいるようでした。 ビジュアルに訴えて来るから、小さな子供や文字が読め…

シタディーン・ディド・モンパルナスに宿泊

パリでは、シタディーン・ディド・モンパルナスに二泊しました。 ホテルがあるディド通りはちょっとした下町風商店街になっており、タイ、ベトナム、韓国、インド、日本、ギリシャ、フランスなど、各国の料理店が狭いエリアに密集していました。 テイクアウ…

バトー・パリジャンのクルーズ

そろそろ日没の時間。 エッフェル塔の船着場から出ているバトー・パリジャンに乗って、セーヌ川クルーズを楽しみました。 最寄りのトロカデロ駅から、船着場までは徒歩で20分弱。途中にはメリーゴーランドも。 ワッフルの屋台もあって、まるでちょっとした遊…

Louis Vuitton本店 (しかも小汚い格好で)

サンマロからはパリへ移動。直通TGVで、モンパルナス駅へ。 こんなものがありました。 自転車型スマートフォンチャージャー! 試したい度:★★★★ 自転車のライトを点けるダイナモを起動するだけでも結構な負荷になるので、スマートフォン充電ともなれば、良い…

Aubade Hotelの朝食は「旅に出ると朝食を食べたくなる症候群」を発症させる

二泊したサンマロを去る日が来ました。ホテルで朝食をいただきました。朝食って、フランス語だとプチ・デジュネ(小さな昼食)と呼ぶのは、なぜでしょう。

レンヌからドル経由でモンサンミッシェルへ

朝一番でまわったレンヌのマルシェを後にして、ローカル線(TER)に乗ってドル駅へ。 ここからモンサンミッシェルまではKeolisのバスで30分。1時間に一本くらい出ています。予約不要で、運転士さんに直接料金をお支払いして、バスに乗り込みます。サービス:★…

サンマロでシーフード

海の街、サンマロは新鮮なシーフードが豊富でした。 カフェも、カジュアルなレストランも沢山ありました。 (フランス人旅行者も含む)の観光客向けのお店は、城壁沿いに集中していました。名物らしい、ムール貝のメニューはどこのお店もほとんど同じ構成と…

ブルターニュの首都レンヌの朝市(マルシェ)

昨日、列車が遅れてモンサンミッシェルへ行きそびれてしまったので、この日に振り替え。 宿泊しているサンマロからモンサンミッシェルへは、1時間程度で到着するKeolisの直通バスが出ています(片道5ユーロ、予約不要で運転士さんに直接お支払い)。 そのバ…

海辺の高級リゾート・サンマロの旧市街を歩く

フランス上陸1日目に訪問するはずだったモンサンミッシェル。TGVが大幅に遅れたため、翌日に延期しました。日本の新幹線と違って、TGVは簡単に遅れる。ここはフランス。毒づいても仕方がありません。日本という国が、便利で効率的過ぎるのです。 この日は、…

フランスの旅 -モンサンミッシェルへ-

巡礼の地、モンサンミッシェル。一度は行ってみたかったのです。 2017年10月に訪問してきたのでその時の記録を残しておきます。 ツアーに参加せずに、電車とバスだけで旅行する方法です。 まずはフランスへの移動編から。