The S&P

旅をしながら、働きながら、食べながら、アレコレ勝手にレーティングしています。

ブルターニュの首都レンヌの朝市(マルシェ)

昨日、列車が遅れてモンサンミッシェルへ行きそびれてしまったので、この日に振り替え。

 

宿泊しているサンマロからモンサンミッシェルへは、1時間程度で到着するKeolisの直通バスが出ています(片道5ユーロ、予約不要で運転士さんに直接お支払い)。

 

そのバスに乗るのが一番簡単でしたが、私は列車とバスを乗り継いで行くことにしました。毎週土曜日に開催される、フランス最大のマルシェ、レンヌの朝市を見てみたかったので、意図的に遠回りしたのです。

 

プランニングはこの通り。

サンマロ駅

レンヌ駅

地下鉄でマルシェへ

マルシェでショッピング

地下鉄で駅へ

レンヌ駅

ドル・ド・ブルターニュ(ドル)駅

ドル駅出発(バス30分)

モンサンミッシェル・バスターミナル

シャトルバスでモンサンミッシェル

島内を散策(三時間)

シャトルバスでバスターミナルへ

バスでドル駅へ

 ↓

ドル駅からサンマロ駅へ

 

巡礼の旅は果てしない。

まだ暗いうちからホテルを出発しました。

 

f:id:the-s-and-p:20171024002249j:image

 運転士さんから切符を買ったら、忘れずに黄色いマシンでバリデート。三つ目のストップのサンマロ駅で降車。

 

f:id:the-s-and-p:20171024002443j:image

犬を道連れに出発する旅人に遭遇。犬の電車賃は、小型犬なら7ユーロ。中型犬以上は大人料金の半額です。半額が小型犬料金の7ユーロに満たない場合の扱いは、どうなるのでしょう。(笑)

 

 改札がない駅の構内うろうろ。

f:id:the-s-and-p:20171024003029j:image

旅情あふれるselectaのべンディングマシンを見ると、フランスにいるのだなあという実感が湧きます。

お茶目度:★★★
1.5ユーロのチョコレートを買うことを試みましたが、投入した2ユーロ硬化が飲み込まれただけで、何も出てきませんでした。とってもヨーロッパ!(笑)そんな旅の思い出も小銭で売っているだなんて、お茶目ではありませんか。
信頼性:★
シビアに。お茶目度とは別の評価を。
価格:★★★
高くでも袋入りのスナック菓子が2ユーロくらい。
支払い方法:★★
小銭だけではなく通信用チップ(サインレス支払い用のマイクロチップとは別のものです)を搭載したクレジットカードも使えるようです。残念ながら、日本国内で発行されたクレジットカードはそのような機能が無いので使用できません。そこで小銭を放り込むと...。

 

f:id:the-s-and-p:20171024003704j:image

ターミナルのサンマロ駅には、すでに列車が到着していました。
RERは全席自由。せっかくだから二階席へ。

 

f:id:the-s-and-p:20171024003959j:image

大きなテーブルがついた座席もあります。ローカル線でも、ゆったりと乗れるところが贅沢ですね。
仄暗い朝霧の中を走ること1時間。レンヌへ到着。

 

f:id:the-s-and-p:20171024004333j:image

地下鉄に乗りかえて、三つ目の駅で下車。地上に出ると、木組みの家が押し合いへし合い立っていました。

メルヘン度:★★★
今でも中に人が住んでいるだなんて、ちょっと不思議です。
 

ここからマルシェまでは、ショッピングカートをからからと引いて歩く人の流れに乗れば良いので、簡単、簡単。

 

f:id:the-s-and-p:20171024190228j:image

 

マルシェに到着。入り口はお花屋さんがならんでいました。

 

f:id:the-s-and-p:20171024192012j:image

日常的にお花を買う習慣があるのは、生活に潤いがある証拠ですね。

お手軽度:★★★
すでにカラーコーディネイトされた状態でお花が並べられていたので、深く考えずに同じゾーンで隣同士のお花を摘んでゆけば、素敵なアレンジメントが出来ることでしょう。

 お値段:★★
東京と同じ位でした。
バリエーション:★★★
珍しいお花や葉っぱがあるわけではありませんが、種類はたくさんでした。
葉っぱは、あまりカットせずに巨大な状態で売りに出ていて迫力満点です。


マルシェには花、野菜、貝と海老、お肉、加工品、チーズ、お菓子、パンの専門店、お弁当にぴったりなお惣菜店があふれていました。(生鮮市場なので、雑貨やお土産などはここでは商っていません。)

中には、日本ではお目にかかれない変わった専門店も。

f:id:the-s-and-p:20171024195113j:image

 アーティチョーク専門店。お隣はにんにく専門店でした。

 

f:id:the-s-and-p:20171024194857j:image

エスカルゴ専門店で売られていた、殻の詰め合わせ。

 

生活と食文化が垣間見られるマルシェは、いつまでいても飽きません。ゆっくり見たかったのですが、モンサンミッシェルへと先を急ぐので、朝食用のガレットソシス(そば粉のクレープでソーセージをくるんだB級グルメ)を歩きながら食べて、お昼のお弁当用に巨大なパエリヤを買って、ドル駅へと向かいました。

 

私は1時間で駆け足の散策でしたが、ゆっくり見たい方は3時間ほどあれば、十分に楽しめると思います。

 

出店数:★★★★

お店の数は多いのですが、販売品はほとんど重複しています。その分、競争してクオリティが高くなるのでしょう。あれこれと好みのお店を選べそうです。

バラエティ:★★★

いろいろな物を販売しています。海老と貝は見ましたが、鮮魚は見かけませんでした。

英語が通じる度:★★★
お買い物をするには充分、通じます。少なくとも日本よりは通じていました。


つづく。