The S&P

旅をしながら、働きながら、食べながら、アレコレ勝手にレーティングしています。

シタディーン・ディド・モンパルナスに宿泊

パリでは、シタディーン・ディド・モンパルナスに二泊しました。

 

f:id:the-s-and-p:20171028191114j:image

 

ホテルがあるディド通りはちょっとした下町風商店街になっており、タイ、ベトナム、韓国、インド、日本、ギリシャ、フランスなど、各国の料理店が狭いエリアに密集していました。

テイクアウトも出来ますが、専用アプリを使うとシタディーンの部屋まで届けてれる便利なルーム・サービスもありました。手数料として一軒あたり3ユーロかかりますが、天気が悪い時、寒い時、ホテルから一歩も出たくない時には、利用価値が高そうです。

 

f:id:the-s-and-p:20171028191401j:image

お寿司以外で試してみたいです。

 

ホテルのお隣は、フランプリというミニスーパー、徒歩15分ほどの場所に、モノプリや冷凍食品のPicardもあったので、長期滞在で自炊したい方も安心です。

 

f:id:the-s-and-p:20171028192112j:image

すぐ近くに58番系統のバス停があって、モンパルナス駅、シテ島、オテルドビル等へのアクセスが良好です。便がまばらな日中でも、10分おき位で走っていました。

 

f:id:the-s-and-p:20171028192937j:image

 アパルトマンホテルなので、キチネットもあって心強い!電気コンロ、電気ケトル、冷蔵庫、電子レンジと、フライパンや鍋、お皿、カップ、洗剤にスポンジ、ゴミ袋付き。

コーヒーやお茶などはありませんでしたが、食べ物を温めたり、お湯を沸かしたりできるのはありがたい限りです。

 

早速、 レンヌのマルシェで買ったパエリヤを温めて食べて見ました。

が、結構な酸味があって...それが悪くなっているからなのか、元からの味付けなのかわかりませんが、不安になったので味だけみて後は処分しました。ごめんよパエリヤ...。

ヨーロッパは日本よりも、食べ物の消費期限の表示が長いので油断していましたが、さすがに2日前に買ったパエリヤを常温で持ち歩くのは、良いアイデアではありませんでした。

 

近くのお店で、節約の味方、ケバブを買って夕食としました。8ユーロくらい。

 

f:id:the-s-and-p:20171028193936j:image

お風呂もバスタブがあって、ゆっくりとくつろげました。

 

お値段:★★★

モンパルナス周辺ですが、メトロの駅から離れているためか、設備の割に安価と感じました。

設備:★★

古い建物ですが、清潔です。

暖房はありましたが、冷房がないので、気温が上がると少し苦しいかもしれません。

安全性:★★★

庶民的なエリアですが、特別危険は感じませんでした。

また泊まりたい度:★★★

慣れてしまうと、とても便利です。