The S&P

旅をしながら、働きながら、食べながら、アレコレ勝手にレーティングしています。

パリのミュージアム・パスを使い倒す

パリ2日目。

 

後の旅程、2日間はミュージアムパスを使って、あれこれとダイジェストで名所と美術館を鑑賞。

 

ホテル前から58番のバスに乗り、北上しました。シテ島のバスストップで降りがて橋を渡り、しばしのお散歩。

メープルリーフが道いっぱいに広がっていました。

f:id:the-s-and-p:20171029081746j:image

 

まずはコンシェルジュリー。

パレドジュスティス(司法省)の見学ルートと入り口が隣り合わせになっているので、入場待ちの行列の終点はよく確認が必要です。

 

パリ市内の博物館や美術館は、必ずや入り口で手荷物のチェックがあるので、以前よりも待ち行列が長くなったように感じます。

 

内部。

f:id:the-s-and-p:20171029083421j:image

 大きなホールで、バレリーナがぴょんぴょんと踊りながら記念撮影をしていました。ヨーロッパって...感性を自由に発揮出来るところが素晴らしい!

順路に従って歩きながらあっさりと見学して、20分くらいで終わってしまいました。

 

興味深い度:★★

ホールやキッチンなど、一部の設備が公開されていました。マリー・アントワネットが晩年を過ごした独房などが公開されているのかと期待していましたが、ありませんでした。見てみたかったな。

アップダウン:★

地下から見学が始まり、ルートに沿って階段を上っていく作りになっていました。見学中のお婆さんが、息を切らせながら階段を上っていました。見知らぬ方が荷物を持って差し上げていました。

ああ、私もそんな風にさりげない優しさを発揮できる人になりたい。

設備: ★★★

寄り道していませんが、簡単なカフェテリアがあって、一服できるようでした。