The S&P

旅をしながら、働きながら、食べながら、アレコレ勝手にレーティングしています。

スリランカへ。Day1、クアラルンプールからコロンボ。

クアラルンプール乗り換え。

受託手荷物は成田空港でスルー・チェックインしているので、そのままコロンボまで運ばれるので、身軽に行動。

 

免税店のチェックも、ジャングル・ボード・ウォークも終わってしまい、やることがない。

本当は、ターミナル1から2に移動して、併設されているショッピングセンター内のスーパーマーケットを見たかったのだけれど、そのためだけに入出国して、わざわざ電車で移動するのが億劫になってしまい(迷うのが怖い、とも言えるが)、大人しく過ごすことにした。

プラザ・プレミアム・ラウンジへ。

楽天カードの付録についてきたプライオリティ・パスで入れるラウンジね。

 この後の便で機内食は食べない。

(出てきても、時間が遅すぎるし、朝から24時間近く食べっぱなしになってしまうからね。)

ラウンジで夕食を済ませることにした。

 

f:id:the-s-and-p:20180824102036j:image

立派なバフェ台にホットミールも出ていたし、好きな麺や具を選んでつくってもらう、ヌードルバーもあった!

これのどこが軽食なのだろう?

全部のお料理はビーガン・ベジタリアン仕様になっていて、お肉を食べたい人は、鶏肉料理を選ぶみたいな感じだった。

あっさりしたご飯、だよね。

 

コーヒー好きには、コーヒーカウンターがおススメ。

バリスタが注文を受けて、一杯ずつドリンクを作ってくれるし、ケーキも出してくれる!

 

ラウンジにはシャワーもあったから、旅の疲れをリフレッシュするにももってこい。

f:id:the-s-and-p:20180824102032j:image

シャワーは、ラウンジの一番奥。

受付は、シャワールームの隣にあるハウスキーピングの詰所で。

私の順番は五人待ちだったけれど、30分足らずで案内してもらえた。

あまりに素早かったので、きちんと清掃されているか密かに心配していたけれど、杞憂に終わった。

テルルーム並みに、完璧にセットされていた!

 

アメニティは、使い方がよくわからない壁に備え付けのシャンプーだけ。 

その他、バスタオル、ハンドタオル、ドライヤー、フロアマット、シャワーキャップ(アジアのって、どこの国でも異様に小さいんだよね、日本人は頭が大きいのかなあ。)

歯ブラシはないから、持参で。

 

おかげさまでで気持ちよくシャワーを浴びて、搭乗時間が近づいたので、トラムに乗って、サテライト内をさらに長いこと歩いてゲートへ。移動だけで15分くらいかかったかな。

 

果たして、ゲート付近にはベンチがあるだけで、ワクワク要素ゼロ。

事前にお買い物を済ませたい人、お食事をしたい人は、トラムに乗り込む前にメインのビル済ませておくのが良いね。

 

コロンボに行く便は、インド文化圏にあるせいか、出発予定時刻にようやくゲートオープン。

見事に1時間遅れて出発。

...ディレイを避けたいからレガシーキャリアに乗っているのにね、あーあ。

ピリヤマニ・ゲストハウスのアノシャさんに、飛行機がディレイしていることをメールで連絡しておいた。

夜11:05到着予定だったのに、さらに遅くなるだなんて!