The S&P

旅をしながら、働きながら、食べながら、アレコレ勝手にレーティングしています。

スリランカへ。Day 1、コロンボの夜は更けて。

クアラルンプールからコロンボへは、4時間弱のフライト。

出発予定時刻になってようやくゲートオープン。

すでにインド文化圏特約の、人の時間をなんとも思っていない臭いがプンプンしていて、離陸前から私は、すでにやられ気味。

結局、1時間遅れで離陸して、コロンボには1時間遅れで到着した。

パスポートコントロールも長蛇の列で、イミグレーションを通過するまでに45分くらいかかったかなあ。

深夜の0時30分くらいにようやく入国。通路の両側に何故か家電屋さんがあって、夜中だというのに元気に営業していた。店頭にはサリー風のツーピースの制服を来たお姉様方が立っていた。スリランカ式のサリーはお腹丸出しで、暑くても快適に過ごせそうだね。

 

さて、初めてのスリランカ

遠くの異国に来て急に心細くなった私は、不覚にも空港内で三粒の涙をこぼした。

 

一粒目。

何故だ?空港内に「警務」という腕章をつけた迷彩姿の陸上自衛隊のオジさん3人組がいた。ベンチに座っておしゃべりしていた。規律の取れた集団行動が得意なはずの?自衛隊もインド文化圏ではリラックスするのかなあ。

ガードをするお相手は要人オンリーだとは思うけれど、それでも自衛隊のおじさんがいると何故だが心強く、守られ感が半端ではなかった。

 

二粒目。

尾翼に鶴丸のエンブレムをつけたJALの旅客機を見た時。不覚にもまた...。いざとなったら、いつでもあの鶴に乗って飛んで帰れることに大きく安堵したら、不思議と目頭が熱くなった。

 

三粒目。

空港の出口で、今回の旅でお世話になるピリヤマニゲストハウスのおかみさん、アノーシャさんに出迎えていただいた時!

日本語ペラペラなので、とても心強かったよ。ありがとう、アノーシャさん!

コロンボでは深夜を回っているのに、空港内の旅行会社カウンターや携帯電話のショップは開いていた。

もしもスリランカ国内のアクティビティを計画せずにやってきた旅行者がいても、深夜営業の旅行会社でツアーのプランニングをしてもらって、専属の運転手とガイドがつくツーリストカーでプライベートツアーを手配することも出来る。(私は事前に手配していたので空港内の旅行会社の見積もりはとっていないけれど、1日あたり80ドル+ドライバーとガイドにチップで、ホテル代と合わせて90ドルくらいかかるんじゃないのかなあ。) さらに、Simカードを買うことも出来る。

 

ノンストップ営業。便利ねえ!

アノーシャさんと合流後にお手伝いいただいて、通信会社のブースでSIMカードを買った。

Dialogという通信大手と、Hutchというややマイナーな会社の二択。

Hutchのブースの方が圧倒的に空いていたこと、回線もDialogとも大差ないうえに料金も全く同じということで、Hutchでトラベラーズプランを契約した。

Simカードのセットは、お店の人が驚くべき速さでやってくれた。

 

使った感想。次回私は、Dialogを選ぶと思う。

人口密度が高い大都市であれば、Hutchのレセプションも悪くはないとけれど、以下のエリアでは電波が届かない、又はごくごく弱かった。

-シギリヤ 

-ダンブッラ

-ヌワラエリヤ

-エッラ 

 

主たる観光地では使えない。 サファリで国立公園に行った人も、繋がらないと嘆いていた。

やはりDialogが安心だね!

 

写真とか。

f:id:the-s-and-p:20180902132951j:image

マレーシア 航空の機内食って、前はこんなに炭水化物ばかりではなかったよね?

どこのキャリアもコストダウンで、機内食がどんどん質素になって行く。MH、以前はハーゲンダッツを配ったり、カップヌードルを出してくれたり、エコノミーでも至れり尽くせりだったのに!

 

f:id:the-s-and-p:20180902132958j:image

こんな感じで、空港内に大型家電のお店があった。

海外の出稼ぎから帰国した人が、空港内で家電を調達して田舎に帰るのだろう。

凱旋帰国ってやつ。

f:id:the-s-and-p:20180902132954j:image

夜の空港。

辛くなったら、いつでも日本に帰れる。

9時間かかるけれど...。